本文へジャンプ
GPS測量機を用いた、基準点測量・応用測量

・構造物に損傷を与えることなく、同じ位置で同じ試験を繰返し行うことができるため、コンクリート構造物の新設段階から、又は既存のコンクリート構造物において、構造物の経年変化を把握するなど、コンクリート構造物の適切な維持管理に役立つものと期待されています。

・センサーをコンクリート表面に押しつけ、センサーの近傍をインパクターにより打撃することで弾性波が発生し、コンクリート中を伝搬します。この弾性波はコンクリートの弾性率、密度によって、伝搬する速度が変化するとともに、内部に空洞などが存在すると、空洞位置で反射する性質があります。

・このインパクターによる打撃によって生じる弾性波をセンサーで観測し、弾性波の伝搬速度、反射時間などを測定して、コンクリート表面、内部の状況を非破壊で検査するシステムです。


・この作業ができるのは、非破壊試験を用いたコンクリート強度推定に関する講習会の合格者でなければなりません。

○ 土木研究所に掲載されている、上記合格者を有する会社の一覧表です。

   http://www.pwri.go.jp/jpn/seika/conc-kyoudo/goukaku.html

○ 微破壊・非破壊試験による新設の構造体コンクリート強度測定要領(案)

   http://www.pwri.go.jp/jpn/seika/conc-kyoudo/conc-kyoudo.html