3Dレーザースキャナ
モービルマッピングシステム
深浅測量
コンクリート診断
デジタルカメラを用いた計測
最新のトータルステーションシステム
RTK-GPS測量
3次元レーザースキャナ

 弊社は、測量・土木設計・補償業務を営む中、日進月歩の技術革新に対応すべく、1996年より「RTK−GPS測量」システムを導入し、公共測量は無論の事、土量計測、施工管理など土木工事へ迅速に対応出来る技術として稼動させております。
 また2001年には「三次元レーザースキャナー」「デジタルカメラによる写真解析技術」を導入、三次元計測システムを早々に確立し、さらに2008年からは「iTECS法によるコンクリート構造物診断」を開始し、弊社の三次元計測システムと連動できるよう、研究開発を進めております。
 そして、2009年に設立されたMMS研究会の第1期会員として、移動体計測の最先端技術を取得し、土木建築業界のみならず、物流・インフラ・バーチャル空間・マーケティングへと、情報・技術・データを提供しております。
本文へジャンプ

本社